パッティング成功の条件

パッティング成功の条件は

『 ① 正しい方向、② 正しい強さ 』 でラインをよみ

『 ③ 正しいスイング軌道、④ 正しいフェース向き、⑤ 正しい打点 』 で打つ事です。

①正しい方向 について

強弱の違いによって正解のラインは無数にあります。

弱く打つと、グリーンの傾斜の影響を受けやすくなり軌道が大きく曲がりやすくなり、強く打つと傾斜の影響をうけにくくなります。

うまくいきそうな方向と強さの組み合わせを探すことが重要になります。

多少ミスをしてもカップの範囲のずれは許容されます。

要は、横から転がり落ちる様にしてでもボールが入ればよいのです。

②正しい強さについてはどうでしょう?

ここで話を簡単にするために、平らなグリーンでまっすぐなラインを打つ場合を想像してください。

「カップインを狙う近距離の場合」と「寄せればいいという遠距離の場合」では、強さの目標を少し変えるべきだと思います。

遠距離パットは寄せれば十分ですから、たとえば10mであれば10mを正確に狙うのが正解です。

一方近距離の場合、たとえば2mの場合、距離ぴったりで狙って良いのでしょうか?止まる位置は前後にばらつきますから、丁度で狙ってショートすると50%の確率で入らないと言う事になります。

先日 1m 2m 3m の3種類の距離で各20回ずつ打ってみて距離のばらつきを調べました。その結果ばらつきの標準偏差

初心者 約 35cm   上級者 約 25cm   全体で約 30cm

これはたとえば2mのパットでぴったりの狙いで打つと2m±30cmで1.7mから2.3mの範囲に約70%が入ってくるということになります。

もし2.3mを狙ったとすれば 2mから2.6mの範囲に約70%入ることになりますね。

カップを外しても2.6mで止まったのであれば返しは60cmですからそれほどの緊張はありません。

しかし、これより大きく狙った場合はオーバーした時の返しが難しくなります。

<結論>

カップインを狙う時には30cm程度オーバーする強さを目標にしましょう!

では③④について

シンガポール ゴルフレッスン


図C) フェース向きはまっすぐで30度アウトサイドインのカット軌道で打つ場合

図D) フェース向きは30度オープンでまっすぐ軌道で打つ場合

どちらが方向のズレが少なく打てるでしょうか?

実際に自分でやってみるとすぐにわかります。図の赤矢印(←)のように転がります。Cの方が目標とのずれが少ないですね。これから

スイング軌道の制御がより重要

であるともいえますが、この2つの現象はボールから見れば物理的に同等です。

(図C を30度回転させれば図Dと同じになります)

<結論>

あくまでまっすぐな軌道、まっすぐなフェース向きになるように練習しましょう。

注)パターの場合はヘッドスピードが遅いために、ボールにかかる摩擦力(図の青矢印)は小さく、このような結果になります。パター以外でのショットでは摩擦力が大きくなり、スイング軌道に近い方向に球は飛び出します。

⑤についてはほとんどの人は問題ないとおもいますのでここでは省きます。

0 comments :

コメントを投稿

お客様、このサイトが気に入ったらお気軽にコメントをください。