シャフトを輪切りにしてみると

ゴルフクラブりシャフトシンガポール

シャフトを細かく切るとそれえぞれの重量はどうのように分布しているのでしょうか?先端を1インチ切った場合にシャフト重量がどうなるか?後端を切った場合はどうなるか?という話です。

実際に切ってみればわかるのですが、切ってしまうとシャフトが使えなくなってしまってもったいないですね。そこで各種注文のあったクラブを作るときに、シャフトカット前後の重量を測って分析してみました。
適用範囲は シャフト重量 50~80g  切断量は5インチ以下です。

(重量はg、長さはinchを使う事とします。)

先端カットの場合カット分のシャフトの重量は


[0.5 + 0.02143*(カット前重量)]*(カット量) ………… ①

後端カットの場合同様に

0.033*(カット前重量)*(カット量)  ……………… ②

で近似できます。

具体例を見てみましょう。

カット前のシャフト重量 60g の場合

先端カット 1 inchで 1.79g 、 2 inchで 3.57g

後端カット 1 inchで 1.98g 、 1 inchで 3.96g

となりました。後端の方が重い事がわかりました。(これは当然デザイン次第ですが )

38”のシャフトで60gだとすると1インチあたりの平均重量は

60/38=1.578g

なので、先端も後端も平均よりも重い事がわかります。するとシャフトの中ほどは平均よりも軽くなっているはずですね。今度はシャフトの中ほどの重量に興味がわいてきました。

ん?これって実用的ではないって?

0 comments :

コメントを投稿

お客様、このサイトが気に入ったらお気軽にコメントをください。