ゴルフのダウンブロー角

ゴルフの病院YUJI GOLFではレッスンやスイング診断の時にVECTOR ローンチモニターを使います。このマシーンは弾道測定用(ボール測定用)に開発されたものですが、インパクト直後のシャフトの状態を撮影することもできます。そこからダウンブロー角を測定する事もできるのです。


ゴルフのダウンブロー角

従来はインパクト写真からそのまま「ダウンブロー角」を測っていましたが、今回 H値とスタンス幅、インパクト時のグリップ位置とダウンブロー角を数学的に関連付けする事に成功しました。

番手によってボール位置が変わるので、ダウンブロー角も番手によって変わります。短い番手ほどダウンブロー角が大きく、フェアウエーウッドではほぼ0度(掃くようなインパクトになる)になり、ドライバーではアッパーブローになる事はよく知られています。ところが多くのアマチュアは体重移動のタイミングがずれていて(特にアイアンで)ダウンブローに打てずにダフリやトップを連発しています。

今回の技術を使うとVECTOR マシーンで測定したダウンブロー角からインパクト時のグリップ位置を知ることができます。すなわち体重移動の状態を把握する事ができるのです。また計算でグリップ位置がこう変わるとダウンブロー角はこう変わるなどとシミュレートする事もできます。さらに各番手のダウンブロー角を計算する事もできます。

アイアンはダウンブローにドライバーはアッパーブローに打つのが基本です。皆さんもぜひYUJI GOLFで体験してみてください。

0 comments :

コメントを投稿

お客様、このサイトが気に入ったらお気軽にコメントをください。