ゴルフグリップサイズ?

TOUR STAGEのアイアンとグリップを持ってきて「交換してほしい」というKENNYさん。
純正グリップを日本からわざわざ仕入れたとの事。グリップの内側をめくってみると62とあります。これはグリップのサイズを示しています。60が標準ですから、サイズ違いになるかも知れません。
そこで交換前のグリップを切ってサイズを調べると62です。めでたしめでたし同じサイズでした。ちなみにプロがみるとすぐにわかるのですが、TOUR STAGEとなっているグリップはGOLF PRIDE社製のものです。わざわざ日本から仕入れなくても同じモデルがシンガポールでも入手できます。多くの有名ブランドのグリップはGOLF PRIDE社で作られているのを知っておくとよいでしょう。YUJI GOLFも昔はGOLF PRIDE社で作っていましたが、1モデル最低注文数3000個といわれて以降使わなくなりました。(怒)

さてグリップのサイズについてご説明しましょう。

男性用ではM58、M60、M62の3種類が一般的でM60が標準サイズです。Mは男性用をあらわし、60は0.60インチの意味です。0.6*25.4=15.24ミリの外径のシャフト用という意味です。グリップの外径(直径)は普通同じに作られます。(一部にはオーバーサイズやアンダーサイズもあります)するとM58が肉厚でM62が肉薄になります。(図参照)

M58--> 14.73ミリ、M60--> 15.24ミリ、M62--> 15.75ミリ ですね

ゴルフグリップサイズ


今回KENNYさんのケースでは15.24ミリのシャフトにM62がついたパターンで肉薄グリップですから普通よりも若干細く仕上がります。逆にM58を使えば太めに仕上がります。YUJI GOLFでは同じグリップでも薄めにしたり厚めにしたりできる裏技もあります。

女性用ではL56、L58くらいが一般的です。女性用ではグリップの外径が男性用より直径で1.2ミリ程度細くなっています。するとM58よりもL58のほうが薄くできているわけですね。

もうひとつ注意点です。細いシャフトに大きな穴のグリップは使えません。グリップの穴の方が大きいとグリップがゆるゆるになってしまいます。

(グリップの穴の大きさ)<(シャフトの外径)

になっていない場合はシャフトにテープを巻いて太くしましょう。

0 comments :

コメントを投稿

お客様、このサイトが気に入ったらお気軽にコメントをください。