ゴルフルールテスト 9

以下の設問に○×で答えて下さい。特に記述のない場合はストロークプレーとする

1) マッチプレーで球が相手の携帯物に当たった場合は罰なしにやり直して良い

2) アドレス後に強風で球が動かされた。この場合罰はない。

3) フェアウエイではスタンスを取った時点でアドレスした事になる

4) インプレーの球を動かし、リプレースしないでプレーしてしまった場合の罰は3打である

5) スタンスが滑るのでタオルを敷いてプレーした場合2打罰となる


6) ドロップした球が落下地点から1クラブレングス以上転がった場合は再ドロップしなければならない

7) グリーンの傾斜を測る為にペットボトルを使った場合は2打罰を受ける

8) 球に唾液を付けて性能を変更してプレーした場合は2打罰をうける

9) グリーン上でリプレースした球がアドレス前に転がりはじめてホールインした場合は認められる

10) 正規のラウンド中に練習器具を使った場合は2打罰をうける

==============================

では回答と解説です。

1)○ 規則19-3 罰なしであるがままにプレーしても良い

動いている球が方向を変えたり止まった場合は

マッチプレーの場合、無罰でやり直すかそのままプレーするか選択ができる。やり直す場合はプレーを取り消して前の地点から打ちなおす。

ストロークプレーの場合はこの選択はなく、無罰でそのままプレーする(ラブオブザグリーン)

2)○ (規則18-2 アドレス後は既にインプレーになっているので動いた場合は1打罰でリプレースする。→)2012年ルール改正で「罰無しでそのままプレー」となりました。球が動いた原因がプレーヤーでない事が明らかな場合は無罰。傾斜で動いた場合は1打罰。

3)× 従来はスタンスをとってヘッドを地面に構えたときにアドレスをとった事になる。バンカーの場合はスタンスをした時にアドレスをとった事になる。 だったのですが2012年ルール改正により、「プレーヤーはスタンスをとっていたかどうかにかかわらず、球の直前、または直後の地面にクラブを置いた時にそのプレーヤーは「球にアドレス」したことになる。」 となりました。変更点は次の3点 ①スタンスをとったかどうかは要件ではなくなりました。②クラブを置く場所が限定されました。③ハザードでのアドレスの規定が削除されました。

4)× 規則18の違反で2打罰になる。リプレースしていれば1打罰。

5)○ 規則13-2 意図するスタンスの改善をしてはならない。 クレイグスタッドラーが昔やりましたね。

6)× 規則20-2c 2クラブレングス以上転がった場合に再ドロップが必要になる。 再ドロップしても同じ場合は落下した所に最も近い地点にプレースする。 ドロップ→再ドロップ→プレース

7)× 規則14-3 競技失格となる。最近のi-PHONEにも傾斜を測る機能があるが使ってはいけない。

8)× 規則5-2 競技失格になる

9)○ 止まった状態から自然に動いたのでホールインが認められる。アドレス後に動いた場合はホールインは認められず1打罰でリプレースする。

10)× 規則14-3違反で競技失格となる。使わないで携帯していた場合は1ホールに対して2打罰最大4打罰をうける。

今回は競技失格が多かったですね。

0 comments :

コメントを投稿

お客様、このサイトが気に入ったらお気軽にコメントをください。