ゴルフシャフト交換の注意点

スチールシャフトは10年もすると内部が錆びてきて機能が変化しますが、カーボンシャフトには経時変化はなく100年たっても(高熱を加えない限り)何も変化しません。

カーボンシャフトは炭素繊維をエポキシ樹脂で固めてできます。ヘッドとの接着に使う接着剤も普通はエポキシ樹脂です。するとどの位が”高温”なのでしょうか?
エポキシ樹脂の耐熱温度を調べてみると概ね70度から150度くらいのようです。またカーボンシャフトの耐熱温度はだいたい150-180度と言われています。すると”高温”というのはそれ以上という事になりますね。ちなみにスチールシャフトの場合は金属ですから融点の半分程度が”高温”になります。すると融点は1530度=1800Kこれの半分は900K=約630度になります。シャフトを抜く時に”高温”になる事はありえません。

シャフト交換でシャフトを抜くときにネック部分に熱を加えます。この時高温でシャフトにダメージを与えていないか注意が必要です。

ゴルフシャフト交換の注意点


図2のようなシャフトに温度が伝わりにくいヘッド形状の場合はより多く熱を加えるため、シャフトへのダメージと同様にヘッドの塗装を変色させてしまう場合もあります。また接着剤の種類によっても抜きやすいもの抜きにくい物があります。経験上古いクラブ程シャフトを抜きにくい傾向があるように感じます。

シャフトを抜いてすぐにシャフトの先端を触ってみて、熱くて触れないようだったらその部分(ヘッドに刺さっていた部分+1センチ)は使えなくなっていると考えましょう。

それでもドライバーのシャフトを短いものに使うのは可能です。但しこの時も最初のシャフトの状態から合計で先端カット量が5インチ(できれば4インチまで)を超えないようにしましょう。

元ミズノのクラフトマン、ジョイメニーの喜多和生さんもシャフトの使い回しは絶対にお薦めしませんとおっしゃっています。

0 comments :

コメントを投稿

お客様、このサイトが気に入ったらお気軽にコメントをください。