ゴルフルールテスト 4

以下の設問に○×で答えて下さい。

1) ストロークプレーでバンカー内の水溜りにボールがあり、アドレスで水に触れてしまった場合2打罰を受ける。


2) 足で地面を強く押した場合に浮かび上がってくる水はカジュアルウオーターです。

3) ウオーターハザード内の橋の上に止まった球を打つ場合アドレスでソール(地面に触る)してはならない。

4) グリーン上で球をマークするときにティーペッグを使うと規則違反になる。

5) グリーン上で球をキャディーに投げたところ取り損なって池に入った。やむを得ず他のボールでホールアウトした場合2打罰である。

6) ホールの深さは4インチ以上でなければならない。

7) 動かせない障害物からの救済を受ける場合球から1クラブ以内に球をドロップしなければならない。

8) ストロークプレーで同伴競技者にアドバイスを求めた場合その時点で1打罰をうける。

9) クラブの背面でストロークするのは違反になる。

10) 救済の二アレストポイントから1クラブレングスを計測するときにはどのクラブを使ってもよい。

==============================

では回答と解説です。

1)× 規則13-4 ウオーターハザードではないので触れてよいが、下の砂に触れてはならない。

2)× 定義  カジュアルウオーター:コース上でスタンスを取る前や後に見える一時的な水溜り。 足で押し付けて水がでてもだめ。

3)× 規則13-4 ハザード内の障害物には触れてよい。

4)× 規則20-1 グリーン面のテストにはならないので違反にはならない。

5)○ 規則15-2 球の取替えが許されてないのに取り替えてプレーした。2打罰である。

6)○ 定義 その通り。

7)× 規則24-2 球からではなく、救済の二アレストポイントから1クラブ以内でホールに近づかない場所にドロップする。

8)× 規則8-1 アドバイスは2打罰

9)× 規則14-1 クラブヘッドであればどの部分で打つこともできる。シャフトやグリップでは打てない。

10)○ 裁定20-1,2 その通り。計測する時同伴競技者にクラブを借りても良い。

0 comments :

コメントを投稿

お客様、このサイトが気に入ったらお気軽にコメントをください。