H値とは?

これはもちろん“エッチの度合い”などという意味ではありません。

アドレスした時の地面からグリップエンドまでの高さ(写真参照)です。これはゴルフの病院YUJI GOLFのみで使われている数値ですが、いろんな意味でとても便利です。

ではまず正しいアドレスについて説明します。上体は40度くらい前傾して、ひざは少し曲げます。腕の力を抜いて左手をほぼまっすぐに下げます。この状態でクラブを握ると写真のようなきれいな構えになります。
このH値は一般男性で平均75センチ、女性で70センチくらいになります。

一方たまに図のように構える方がいて、この場合はH値は大きな値になります。(できる限り構えを修正するように教えています)

このH値を元に背の高い人や子供のクラブの長さを計算します。H値が大きいほどクラブは長くすべきであるという考えです。(注) 同じ背の高さでも腕が長ければH値は小さくなり、クラブ長さも短くなります。

このようにYUJI GOLFではH値を使って一人一人に最適なクラブ長さを決めています。(実際は他のいろんなスイング要素も考慮して長さを決めます)

(注)P社では直立した状態での地面から指先までの高さを元にアイアンのライ角を決めます。背が高い→アップライトなライ角という考え方です。ただこれでは人による体の前傾の大きさ、指の長さや握り方の違いなどの影響を考えていないため、多少合理性に欠けると思います

~~~ここから上級編~~~

では応用です。H値クラブ長さからアドレスライ角が計算できます。H=75センチの場合簡単な三角関数を使って

ドライバー  45インチ  --- 41.01度

#3アイアン 39インチ  --- 49.21度

PW      35.5インチ --- 56.28度

のように計算できます。

ここで3番とPWではちょうど7番手違いですが、アドレスライ角もちょうど7度違っているのにお気づきですか?ところがアイアンヘッドの設計では普通1番手で0.5度ずつ変わりますので7番手で3.5度しか変わりません。何か変です。3番とPWを比べると3番の方がかなりTOE -UPになっていますね。3番の(設計)ライ角を59度とするとPWは+3.5度で62.5度になりますので、それぞれの番手の地面とソールのなす角度(TOE -UPの角度)は
3番  59 - 49.2 = 9.8度
PW  62.5 - 56.3 = 6.2度
となります。大きな差ですね。これはこれでよしとするか?あるいは何か間違っているのか?みなさん考察してみてください。
H値とは?

0 comments :

コメントを投稿

お客様、このサイトが気に入ったらお気軽にコメントをください。