ゴルフの科学 反発係数

野球では球の反発を調べる時に、決まった高さから大理石に落としてその跳ね返りの高さをみます。ゴルフボールの場合はどうでしょうか?今回はゴルフの科学 反発係数の話です。

はたして床にボールをぶつけることでボールの反発の良し悪しがわかるのでしょうか?

2008年からいわゆる高反発ヘッドがルールで規制され

「反発係数0.83を超えるものは使えない」

ようになりました。この0.83という数値はクラブヘッドとゴルフボールで計測されるものでボールと床の場合とは数値を比較できません。
続きを読む→


クラブヘッドとゴルフボールの反発係数はヘッドスピードにより変化し、スピードが早いほど反発係数は低くなります。(図参照)これはスピードが早いほどボールの潰れが大きくなり、エネルギーの損失が大きくなるからです。すると床に落とすスピードはヘッドスピードより遥かに遅いのでやっぱり比較になりません。

以上の事から(残念ながら)ゴルフボールを床に落としても反発の良し悪しはわからないという事ですね。

最近は反発係数の簡易測定器というのがでてきました。ボールではなく鉄球をフェースにぶつけて、反発係数ではなく接触時間を測って反発係数を見積もるという困ったしろものです。何度も言いますが衝突物が違うのでこれでは厳密な計測とは言えません。  ゴルフの病院 YUJI GOLF より

反発係数 C.O.R

野球の場合も同様な理由で意味がないように思えます。ま、今は野球をやらないのでどうでもいいか。

0 comments :

コメントを投稿

お客様、このサイトが気に入ったらお気軽にコメントをください。