利き目 パター

ゴルフは人間の身体の能力がフルに要求されるスポーツです。ボールを打つ前から、ゴルフ場に行く前から、既にゴルフは始まっています。普段の生活、行動様式、全てがゴルフのため。いや、ゴルフが普段の生活や行動様式をサポートしていると言っても良いでしょう。当然ですが、ゴルフではボールや地形を視力で捉える力を鍛えなければなりません。


今回はその視覚の基本構造、「利き目」 についてお話しします。

カメラや顕微鏡を覗く時に使う目が利き目です。
あなたの利き目は右?それとも左ですか?普段無意識に両目で見ているときもメインに使っているのは利き目の方なのです。
野球の右バッターでは左利き目が有利といわれます。
左目と右目が見える範囲は違います。ですから右バッターの場合は左利き目の方がボールが見やすいわけですね。一般的には右利き目が多いと言われていますが、あなたはどちらでしょうか?
さて、ゴルフでも利き目によって注意すべき事があります。野球と同様にパターの時も左利き目の方がカップの方向を見やすいので有利です。では右利き目の人はどうすべきなのでしょうか?
その前に基本を確認
ボールの位置が体から離れすぎの人がたくさんいますが、
基本は目の真下です。 チェック方法は簡単。
ボールを置いて構えてみて、もう一つのボールを目の所から下に落としてみます。これが下のボールに当たればボール位置はOKです。
ここをまずおさえておきましょう。
今度は正面からみます。
左利き目の場合は利き目の真下の位置が正解ですね。このままでほぼボールからカップまで見渡せると思います。
右利き目の場合はボール位置は右目の真下でよいのですが、これだとショートパット以外ではカップが右目で見えないはずです。そこで真下を見るのではなく、図のように頭を少し回転させてください。右目の視野がカップの方に広がっていきますね。これでハンデは無くなるはずです。またこの場合ボールを一個分くらい左に置くのも良いでしょう。
<最後にストロークのコツを伝授>
一般的な肩と腕で作る5角形を使って打つやり方について。ポイントは3つ
1)腕とパターグリップの角度を一定に保つ
手を使うのではなく肩の筋肉を使うイメージでやってみてください。
2)バックスイングよりフォロースルーを大きくする
フォロースルーがほとんどなく打って終わり(青木功スタイル)という方も多いのですが、あまりお勧めできません。フォロースルーを大きく、狙う方向に真っ直ぐ出すことで方向が安定します。
3)加速しながら打つ
2)ともつながりますが加速しながら打つのも大事です。これによって転がりが安定します。下りの早いラインでチョコンしか打てない場合は別として、加速しながら打ちましょう。

利き目 パター

0 comments :

コメントを投稿

お客様、このサイトが気に入ったらお気軽にコメントをください。