新しいクラブが飛ばないのですが

新しく買ったドライバーが前のより飛ばない気がするんですがという勘定奉行ことKさん。

ではまずクラブスペックを測ってみましょう。

すると新しい方のロフトは8.8°これは難しいかな と感じつつ

弾道測定へ 結果は表にある通り

データからみても新しい方は明らかに弾道が低いしバックスピンが少ないですね。ロフトが足りないケースの典型です。

Hは最高弾道高さですが13-16mでは低すぎです。できれば25mくらい欲しいところです。 (→”最適弾道”を参照ください)

表示ロフトが10.5の場合リアルロフトは11~13°くらいに分布するので11.9°というのはいたって正常なのですが、9.5°表示でリアルロフト8.8°はなかなか見つからない低いロフトの一本です。

とても難しい一本を選んでしまったわけです。

もう一つの問題はフック系のミスが多い事です。クローズフェースでヒットしますからなおさら弾道は低くなりますね。スライスのミスが多い場合であればクラブをいじってロフトを増やす方法が考えられますが、このケースでは得策ではありません。

なんと明日から3連チャンでゴルフだそうなので今回はスイングをいじらずに昔のドライバーで短く持って打ってくださいとアドバイス。

---- ポイント 「短く持つのはフック防止に有効です」-----

次回時間のある時にゴルフの病院YUJI GOLFレッスンでフックを直しましょう。

ということになりました。

後日連絡があり 「絶好調です!ベストスコア86が出ました。」

「え~~あんたビギナーじゃなかったっけ」

若い人は”進歩”(これを福建語で言わないよう注意)が早いものです

その後 2010/12/19に37、41の78を達成!おめでとう!

<b>シンガポール ゴルフレッスン</b>

0 comments :

コメントを投稿

お客様、このサイトが気に入ったらお気軽にコメントをください。