100を切るためには 100切りの奥義

吉幾三の「これが本当のゴルフだ!」の冒頭で 「ハァ~パーも無ェーボギーも無ェー」 という部分がありましたね 皆さんカラオケで何回も聞いたことがあるでしょう?

「パーも無ェーボギーも無ェー」では100は切れませんが(バーディー、イーグルがとれれば可能ですが本題からそれます)

「パーも無ェー」 なら十分に100切りのチャンスはあります。

100切りのために世間でよく言われていることは

OBや池を避ける。3パットを避ける。グリーン周りで往復ビンタを避ける。スイング論 ミスった時どうするか。どっちに曲がりそうか。どんなミスが出そうか。   などたくさんあります

ここではゴルフの病院YUJI GOLFの独特の視点で考えましょう.

パー以下は無しで5オーバー以上も無い場合で100を切るにはどうしたらよいでしょうか?ボギー以上+4までのスコアだけで100切りできるかを考えましょう。

スコア99のケースで考えると12通りのパターンがあります。(下表をご覧下さい)なんだかできそうな感じがしませんか?半分ボギー半分ダブルボギーでも100切りできるのです。

ポイント1)長いか難しいホールではボギーかダボを狙う。短いかやさしいホールではパーかボギーを狙う

ポイント2)その刻み方をよーく考える

ポイント3)ルール知識を利用する

ですね。では解説です。

半分ボギー半分ダボでよいのですからポイント1は異論はないでしょう。

ポイント2) そこで戦略を考えましょう

ケース1)420ヤードパー4の場合

240y+180y これで問題なくいける人はここを読む必要はありません

ゴルフスコア100を切るために

長いパー4なので100切りを狙っているレベルでは3オン狙いが定石ですね。大事な事はグリーンからさかのぼって戦略を考える事です。グリーンのピン位置や状況また自分の実力を考えて一番安全に寄せやすいあるいは乗せやすいポイントはどこか?

これがグリーン手前50yならたとえば 210y+160y+50y  なら良いでしょう

これが同様に100yなら 200y+120y+100y あるいはもっと1打目を安全に 180y+140y+100y なんてのもよいでしょうね。これならかなり安心してプレーできそうです。

”1打目は何も考えずにドライバー” という人があまりに多いと思います。100切りのためにはもっと頭を使う必要があります。

ケース 2)320y パー4の場合

短いホールなのでできればパー、悪くてもボギーが欲しいところです。ここでも一番安全に寄せやすいあるいは乗せやすいポイントをまず考えるべきなのですが、

このポイントが50y以下であれば3オン狙いでもよいでしょう。30yの場合は180y+110y+30yという具合です。これなら寄せ1でパーのチャンスも十分にありでしょう。

またこれが100yくらいであれば2オン狙いか3オン狙いか悩むところです。

2オン狙いなら 220y+100y 1打目に結構プレッシャーがかかりますね

3オン狙いなら 120y+100y+100y これならほとんどストレスなくボギーが取れると思います。

以上2つのケースを考えましたが、誰でも毎回1ラウンドで18ホール分の戦略を考える事ができます、皆さんも自分の技量をよく考えて戦略を考えてみましょう。

短いホールではグリーンやグリーンまわりが難しくデザインされている場合が多い事も知っておきましょう。

ポイント3)ルールの知識は技量とは何の関係もありません。あなたはこの部分ではタイガーウッズと対抗できるのです。これを使わない手はありませんね。

まずは2打罰のプレーは徹底的に避けましょう。具体的には誤球や誤所からのプレー、バンカー内でアドレスで砂に触れる、本数超過などですね。これらは知っていれば避けられるものです。注意しましょう。

アンプレアブルを使う。無理な状況で無理をするとひどい目に逢います。アンプレアブルはどんなところでもだれの許可ももらわずに使う事ができます。フェアウエーのセンターでアンプレアブルをしても良いのです。もし難しいと思ったら無理をせずに1打罰をはらってアンプレアブルの処置を取るべきかどうかも考えましょう。

池に入っても水が無い、あるいは水が浅い場合は無罰で打てます。ウオーターハザードの処置をとる前に少し冷静に考えましょう。

正しいルール知識で相手をギャフンとさせるのも手なのですが、100切りの本題からそれますね。

このようにゴルフルールを知るのは絶対にあなたのゴルフライフに役立ちますし、年齢技量に関係なく、努力しだいでプロにも勝てるのです。

0 comments :

コメントを投稿

お客様、このサイトが気に入ったらお気軽にコメントをください。