ゴルフ規則 境界線

今回はゴルフ規則上の境界線について確認しましょう。

まず3次元で考えます。

境界が

1)垂直に上下に及ぶものは

アウトオブバウンス

ウオーターハザード

ラテラルウオーターハザード

2)垂直に下方に及ぶものは

修理地

バンカー

3)垂直に上方に及ぶものは

プレーの線(ただしホールの先には及ばない)

例えばウオーターハザード内に飛び出た木の上に球が止まった場合は水に触れていなくてもウオーターハザード内という事になり。そのまま打てれば無罰ですが、そうでなければ一打罰ウオーターハザードの処置をとる事になります。

次は2次元で見ていきましょう。図をご覧下さい。

アウトオブバウンスはアウト側に球がすべて入っていなければセーフです。ただしOB杭は動かせる障害物ではなく固定物ですからスイングの邪魔になっても動かしてはいけません。

ウオーターハザード、ラテラルウオーターハザード、修理地の境界はOBとは違ってセーフ側の境界線に球が一部でも触れていればハザード内、修理地内という事になります。これらの境界を示す杭は動かせる障害物ですから、スイングの邪魔になるときは無罰で杭を取り除くことができます。動かした後はもとに戻すのをお忘れなく。

JGA ゴルフルール
ティーインググラウンドやグリーンの境界も図を見ていただければ明白ですね。

0 comments :

コメントを投稿

お客様、このサイトが気に入ったらお気軽にコメントをください。